【カメラ初心者向け】カメラのレンズに指紋が付いたときにやってはいけないこと

カメラ初心者の人は、カメラの操作に慣れることや撮ることで頭がいっぱいだと思います。
でも、カメラは撮るだけなく、メンテナンスもとても大事です。

使用していると、汚れも付着してきます。

そこで今回は、デジカメのレンズにゴミや指紋が付着した場合のやってはいけないことと、レンズのクリーニング方法をご紹介します!

レンズのクリーニングでやってはいけないこと

レンズをクリーニングする前に、やってはいけないことを覚えておきましょう。

埃やゴミを除去せずにレンズを拭く

レンズには、微量なホコリやゴミが付着しています。
そのまま拭ったら、付着しているホコリやゴミでレンズを傷つけてしまいます

レンズを拭く前には、必ずブロワブラシでホコリやゴミを吹き飛ばしましょう。

息で吹き飛ばす

息を吹きかける・・メガネと同じで思わずやってしまいそうになりますがNGです。
人の息にはレンズのコーティングに良くない酸性物質が入っており、コーティングを痛めるのでやめましょう。

ティッシュで拭く

ティッシュ自体の繊維が硬いのでレンズに傷がつく可能性が高いです。また、繊維がレンズに付着するのでティッシュを使用するのはやめましょう。

メガネ拭きは?

汚れが付いていないものであったら◯

・綺麗なもの
・柔かい素材
・繊維がつかない

このような布でしたらレンズクリーニングに使用できます。

しかし、使い捨てのクリーニングペーパーが一番使いやすいと思います。

準備するもの

でわ、指紋やゴミが付着した時は具体的にどのようなもので拭き取ればいいのでしょうか?

私がカメラを買った際に買っておいたのがこちらです。

以下がセットになっています。

1、ブロワブラシ
2、レンズクリーニング液
3、クリーニングクロス
4、クリーニングペーパー
5、綿棒
6、クリーニングクロス

コンパクトカメラだとこのセットでじゅうぶん。

まだ何も持っていないという人は、ブロワブラシレンズクリーニング液クリーニングペーパーは購入時に入手しておくことをおすすめします。

このセットのブロワブラシは正直安っぽいんですよね・・。

購入するならこちらのセットの方がいい気がします。

カメラを頑張りたい!という人は、シリコン素材の手のひらサイズだと長持ちもするし、エアーの力もあっていいそうですよー!

実際にレンズを拭いてみた

次に、実際にレンズに付いた指紋を拭き取っていきます。

こちら。ばっちり指紋がついてしまっています涙

指紋をとるために使ったのは先ほどの3点セット。

ブロワ、クリーニングペーパー、レンズクリーニング液の3つです。

①まずはブロワブラシで埃を吹き飛ばす

写真は上からですが、カメラを持ち上げて、ブロワを下向きから吹き掛けると再付着を防げます。

②適当なサイズに折りたたんだクリーニングペーパーにレンズクリーニング液を垂らす。

レンズクリーニング液はレンズに直接垂らすと隙間から内部に入りこむ可能性があるので、クリーニングペーパーの方につけます

③クリーニングペーパーでレンズを拭く
レンズの内側からレンズの外側に向けてくるくると円を描くように優しく拭いていきます。

レンズに付いていた指紋が綺麗に取れました!!

まとめ

カメラにとって一番大事なレンズ。

末長く使いたいですね^^