樹木希林に学ぶ、物とのかっこいい付き合い方

とても気になっていた女優さんが亡くなられました。

それは、
唯一無二の女優、

樹木希林さん。

ほとんどテレビを見ないので、

情報らしい情報は入ってこないのですが、

たまに見かけると、

その存在感、

発する言葉、

彼女が選んだ生き方が入ってきて、

少しの情報だけでも、

大きく揺さぶられるものがありました。

結婚生活45年、別居生活43年をしていたことは有名です。

結婚も子育ても、常軌を逸して見えました。

彼女の価値観の中で、私が一番惹かれたのは、

物の扱い方。

最後に出演された「徹子の部屋」で着ていた洋服が、

すっごく素敵だった。

「樹木希林クラスとなると付いているスタイリストも一流なんだなあ。」

と唸っていたのですが、

どうやらその洋服は、夫が45年前にNYで買った古着で、

ボロボロになってしまったので、リメイクしてあつらえた物なのだそうです。

徹子さんに、

「あなたスタイリストもメイクも付いていないんですって?」

と聞かれた樹木希林さんは、

「スタイリストがいるわけないじゃない。」

と笑いながら答えていました。

確かに、肌は綺麗だけど、化粧っ気はない。

頭に付けている銀色の髪留めも、

コーティングが全部剥げて、鉄の色がむき出しになっています。

洗いざらしのような女優。

樹木希林さんのことをもっと知りたくなり調べていたら、

彼女の、物との独特の距離が見えてきました。

下着は夫のパンツを履いていたり。

はたまた、亡くなった方の奥さんからご主人の下着をいただくので、

自分で下着を買ったことがないといいます。

友人の家で石鹸のカケラを見つけては、

それをもらって帰り、家で摩り下ろして洗濯に使ったという。

とある番組では、

出された物を食べるとき、

ごそごそポケットを探っていて、

取り出したのはマイ箸。

刀のように抜いて、

テーブルの上にパシッと立て、

「これさえあればね。」

と、その箸で美味しそうに食べていました。

自分のことは自分で。

そのスタイルが、その振る舞いに、表れているように私には見えました。

彼女の生き様に、

「見事だ」

と感心した人も多いでしょう。

物の命を考える。

そして、自分の命も最後まで使い切った。

物を扱うということは、

希林さんにとっては、

「生き物を飼うのと同じ責任」

だったのかもしれないなと思います。

私の物との付き合い方はこんな感じです。

・使い捨て前提で買えるからダイソーで買えるものはダイソーで

・無難だからと仕事着用にユニクロで服を買う

・同じものを安く買うために、まずはメルカリをチェック

自分では

「賢い消費」

だと思っていたけど、

あまりのダサさに叫びそうになりました。

若手の女優さんに

「なんでそんなにかっこいいんですか?」

と聞かれたとき、希林さんはこう答えたそうです。

「自分の周りにはかっこいいと思う物しか置かないようにしている」

ゴリゴリと影響を受けて、私は、自分の部屋の片付けに取り組みました。

↓ かなりおすすめです。

使いかけの化粧品など、

最後まで使い切れなかったものたちを、

思い切って捨てました。

かっこいい生き方の第一歩です。